2005年07月02日

隠すことこそセキュリティの基本

数ヶ月前のことです。2階でsarge(Linux)をインストールしていました。以前のバージョンに比べインストールは簡単、簡単。無線LANも自動認識してくれました。しかし、何か変です。1階に置いてあるアクセスポイント(AP)との通信に必要なESSIDやWEPキーを問われずに、インストール/ダウンロードは実行継続されていました。それはなぜか、、我が家の1階のAPへではなくどこかのお宅のAPにアクセスしていたのでした。
我が家のAPのESSIDブロードキャストは止めています。また、2階では、我が家のAPと同じ位の電波の強さで他のお宅のAPからも届きます。そのためESSIDブロードキャストされているお宅のAPをつかみ、しかも、そのAPにはWepキー設定が行われていなかったため、すんなりそのAP経由でネットに接続されてしまった、ということです。
私には悪意がありませんでした(ホント)のでそのインストールは途中で打ち切り、1階に移動、我が家のAP経由でネットに接続した後、改めて2階に移動しました。これが悪意のある者からのアクセスだったら、、。
セキュリティ対策はどんなにやってもそれが完璧であるとは言い難いです。しかし、可能な限りのセキュリティ対策は必要だと思うのです。

隠すことこそセキュリティの基本
1.MACアドレスによるAPへの接続制限
2.SSIDのブロードキャストを止める
5.APを最小の電力で稼働させカバー範囲を制限する

posted by maruyosi at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | PC・Net etc 05 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

無線LANタダ乗り

無線LANタダ乗りの男性、不正アクセスで逮捕
開けっ放しの無線LANは「ご招待」と同じ

米国での話ですけど、身近でも起こりうることです。
故意に他人の無線LANにアクセスしないことはもちろん、他人からもアクセスされにくいように、セキュリティの設定をしっかりとやらなければいけないのは明らかです。
posted by maruyosi at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | PC・Net etc 05 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月10日

懐かしの姿を DVD-Video に

DVDといっても色々種類がある。
(記録形式)
・DVD-Video:市販のDVDビデオ。DVDプレーヤで再生でき汎用性が高い。映像の追記・編集は不可。対応するメディアはDVD-R/RW, DVD+R/RW
・DVD-VR:映像の追記・編集が可。対応するメディアはDVD-RAM, DVD-RW
・DVD+VR:DVD-Video互換、映像の追記・編集が可。対応するメディアはDVD+RW
(メディア)
・DVD-R, DVD+R:1回だけ書き込める。DVD-Videoの作成に適する。
・DVD-RW, DVD+RW:1000回、消去や書き換えができる。DVD-RWの規格上の互換性はDVD-R, DVD+RWに劣る。
・DVD-RAM:10万回、消去や書き換えができる。専用の書き込みソフトは不要。RAM対応プレーヤ以外では再生不可。
ということでいいのかな?

十数年前に撮影した8ミリビデオをビデオデッキで再生。息子、甥、姪たちの姿を GV-MVP/RZ2(ハードウェアMPEG-2エンコーダ)/mAgicTV5(キャプチャソフト)でキャプチャし、Power Producer 3(DVDオーサリングソフト)で編集、DVD-Rに書き込んだ。
映像の不要箇所をカットしようとしても、指定した箇所できちんとカットされない。そのため、分割、分割、不要箇所を削除、結合、という手段をとった。また、編集している最中に「保存」「OK」などのボタン(アイコン)が消える(×表示になる)、そして、どこをクリックしてよいかわからなくなるため、そうなる前に再保存をかけ、時々ソフトを再立上げする必要があった。メモリ512Mじゃダメ?

オープンリール、カセット、CD、MD、、VHS、β、VHS-C、8ミリ、、ネガ、ポジ、、アナログ、デジタル、、
いろんな素材をせっせと収集、記録、保存してきても、それらを再生するものがなくなったんじゃ、まるっきりの無駄となってしまう。そうなる前に、とりあえず、子どもたちの成長記録8ミリビデオをDVD化した次第。何冊もあるアルバムはどうしましょう?
posted by maruyosi at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | PC・Net etc 05 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月11日

ロールアップ1適用後の Excel, Word

Windows 2000 SP4用ロールアップ1適用後、Word, Excelを使うときは、FDに直接保存しないようにしましょう。

Windows 2000 SP4 対応の更新プログラム ロールアップ1適用後に Excel や Word でフロッピーディスクにアクセスすると応答を停止する場合がある

私もロールアップ1を適用しました。しかし、その問題は発生しません。なぜなら、、

デスクトップ機は、Linux RAID1化のためにFDDを取り外してHDDを取り付けた。
ノート機はFDDがついていない。
posted by maruyosi at 16:28| Comment(0) | TrackBack(1) | PC・Net etc 05 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月15日

Microsoft Update

WindowsとDebianのデュアルブート、普段立ち上げるのは起動時間の短い Debian です。
Windowsは週一でウィルス定義のアップデート、また、気が向いた時にWindows Updateを行っています。
そのWindows Updateの後継であり、Windows/OSだけでなくOfficeもアップデートできるというMicrosoft Updateをインストールしてみました。
でも、Microsoft Updateの対象は、Windows 2000 SP3以降、Office XP/2003だったんですね。私のはOffice 2000ですから、Microsoft Updateのメリットは残念ながらありませんでした。

普段使わないWindowsですが、世の中今やXP、そろそろ2000から切替えの検討でしょうか。
posted by maruyosi at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | PC・Net etc 05 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月19日

超薄型マウス

私はノートパソコンでもマウスを使っています。でもマウスというと、ノートパソコンと一緒に持ち歩くにはちょっと躊躇する形をしていますね。従来とは異なる平型マウスが現れました。

 超薄型マウス、膝の上や鏡の上でも確実に動作

バッグに収納しやすい厚さ15.5mmの薄型で、光学式マウスと機械式マウスのメリットを兼ね備えているため、透明なガラスや鏡の上はもちろん、膝の上など曲面上でも操作できるようです。マウスが一定時間動作しないときにLEDを消灯する省電力機能もあります。
マウスも持ち歩きたい方、試してみましょう。
posted by maruyosi at 17:56| Comment(2) | TrackBack(0) | PC・Net etc 05 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。