2007年05月02日

古〜いパソコンは

これまで自宅サーバとして使っていた Debian sarge マシン、サーバ運用停止したこの機会に Debian etch をクリーン・インストールしようと、空きパーティションへ initrd.gz, linux ファイルをダウンロード、GRUB を起動してインストールを始めた。(参考:インストーラ/ハードディスク)

このパソコン、こんなに遅かったかな、というくらい、遅いのなんのって。
何しろ、Pentium 133MHz, RAM 16+64MB。
あまりにも遅いのでコーヒーブレーク。
その時点で「ソフトウェアの選択とインストール(88%)/○×△を設定しています」

コーヒーを飲み終えてインストール状況を確認すると、なんと、先ほどと同じ画面。
ハードディスクはカラコロ音がしており動いているような感じであるが、インストール状況は88%から進んでいない。
コーヒーお代わりしてもこの先進みそうもないので、Ctrl+Alt+Delete。
は効かないので、仕方なく電源スイッチをプチッ。

再度電源オンしたが Error 15 となって起動できず。
この古いパソコン、ブートできるのは FD と HD からのみ。CD からは不可。
HD は Grub 画面で エラー。FD は、、FDD 付きのまともに動くパソコンは我が家にはなし。
さて、こんな時に、インストールするにはどうすればいいのか。
それとも、もう引退させてあげるべきか。
posted by maruyosi at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | PC・Net etc 07 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月05日

Grub インストール

古〜いパソコンは」関連

古〜いパソコンの HD を HDDステーションに載せ替え、現用ノート機に PCMCIA 接続。
その HD は /dev/hde として認識され /media/usbdisk としてマウントされたので、とりあえずアンマウント。
# fdisk /dev/hde により小容量8MBのパーティション hde1 を作成。
# mkfs.ext3 /dev/hde1 でファイルシステムを作成後、マウント。
/media/usbdisk に netboot 用の initrd.gz, linux をダウンロード。
# grub-install --root-directory=/media/usbdisk /dev/hde で Grub インストール。
/media/usbdisk/boot/grub ディレクトリが作成され、そこに Grub 関連ファイルが置かれる。

(# update-grub の実行:省略可※)
Could not find /boot/grub/menu.lst file. Would you like …? (y/N) に対しては y。
/media/usbdisk/boot/grub/menu.lst を作ってくれるのでそれに次の3行を追加する。
title New Debian Install
kernel (hd0,0)/linux
initrd (hd0,0)/initrd.gz
(ここまで省略可)

アンマウント後その HD を取り外し、元の古〜いパソコンへ戻す。

その HD は元の古〜いパソコンでは /dev/hda として認識される。
電源オン。
Grub メニューから New Debian Install を選択するか、※ update-grub を実行していなかったら次のコマンドを入力する。
grub> kernel (hd0,0)/linux
grub> initrd (hd0,0)/initrd.gz
grub> boot

Debian etch インストーラが起動。
その後、Debian システムを /dev/hda1 以外のパーティションにインストールする。
/dev/hda1 は後々のためにそのままにしておく。
posted by maruyosi at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Debian・Linux07 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古〜いパソコン、その後

古〜いパソコンは」から続く

FD, HD, CD-ROM, etc.いずれからも起動できない古〜いパソコンの HD を HDDステーションに載せ替え、現用ノート機に PCMCIA 接続し、MBR に Grub インストール
その HD を HDDステーションから取り外し、元の古〜いパソコンへ戻して、再度、Debian インストールを試みた。
しかし、またもや「ソフトウェアの選択とインストール(88%)/anthy を設定しています」から先へは進めないようである。
6時間放っておいたが、カラコロと音はしているものの、依然として進んでいるようには見えない。
Alt+F2 によりコンソールを切替え、動いていた次のプロセスを止めた。
/usr/bin/mkworddic -f /etc/anthy/dict.args
Alt+F1 で戻って、処理が進んでいるのを確認。

無事インストール完了。
インストール途中でやむなく中止した処理は次のコマンドで再実行。
# /usr/sbin/update-anthy-dics

しかしその後、インストールでは使えた PCMCIA 接続の無線 LAN が使えるようになっていないことや、shutdown コマンドで halt するものの自動電源オフしないことなどが分かり、当分暇つぶしは続くのである。
posted by maruyosi at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | PC・Net etc 07 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

古〜い・・・

今から10年程前の古〜いノートパソコン。
1台は Pentium 133MHz, メモリ 16MB に 64MB を増設。もう1台は Pentium 150MHz, メモリ 32MB。
バッテリーはどちらも、とっくの昔に寿命を迎えている。
そういうパソコンでも、2台以上を(無線)接続することによって、(無線)LAN の設定や Linux、サーバの設定などの勉強用として役に立ってきた。
しかし今どき、あまりにも遅すぎる。
物持ちのいい私でも、ついに手放すときがきた、 かな?

今使っているのは Pentium M 725 1.6GHz。
メモリは 256MB に 256MB を増設。
最近 512+512MB にしたが、息子の 256MB と交換してあげて、今日からは 256+512MB。
VMware Player の起動が少し遅くなった。
さて、このノート機はいつまで使い続けることになるだろうか。
(Vista マシンなんかいらないぞ!?)
posted by maruyosi at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | PC・Net etc 07 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

ドイツスズラン

suzuran鉢植えの時はさっぱり花が咲かなかったのに、庭に地植えしたら元気一杯。毎年よく増えてくれます。
こんなはずじゃなかった、と言うくらい、芝庭にまで越境して、芝庭に蔓延っている雑草にも負けない勢いです。
増えすぎて困ってます。どなたかお助けを。
posted by maruyosi at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Daily Life 07 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月11日

Firefox で PDF 作成

Linux マシンのブラウザ Firefox で PDF ファイルを作成するには、cups-pdf をインストールすればいいのか。なるほど。

LinuxパソコンをPDF作成用マシンに

PDF ビューアは、xpdf-reader。
Adobe Acrobat Reader が好きなら acroread を。
posted by maruyosi at 22:29| Comment(1) | TrackBack(0) | Debian・Linux07 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月26日

DVDディスクを認識せず

1. 約1ヶ月前、DVDディスクが認識されないことに気がついた。
 (ノート機を購入してから2年、これまでDVDを見ることはほとんどなかった。)
2. CD/DVDマルチ対応の湿式レンズクリーナーを買ってきた。
 一度クリーニングしたら、DVDディスクを認識してくれた。
3.「たまにはクリーニングした方がいいよ」と、久々に帰ってきた息子にそのレンズクリーナーをあげた。

4. 約1週間前、再びDVDディスクが認識されなくなっていた。
5. 今度はDVD用湿式レンズクリーナーを買ってきた。
 しかし、ディスクを認識してくれないため、クリーニングが行われない。
6.「レンズクリーナーのディスクが検知されず作動しない場合は、ディスクの出し入れを繰り返してください。10回程度繰り返し、それでも作動しない場合はレンズの汚れ以外の原因ですよ」と書いてあった。
7. そうか、そうか、と言って、10回以上繰り返したが、認識してくれる気配は全然ない。
8. 翌日、頼む、頼む、と言って、また10回以上繰り返したが、やはりダメである。
9. レンズクリーナーは当然消耗品であり、クリーニング回数は約50回、と書いてある。すでに寿命の半分以上は繰り返した?。ディスクの認識エラーを解消してくれるはずのレスキューブラシが老眼の目には毛羽だって見える。
10.CDは認識してくれるんだから、と、昨日、CD用レンズクリーナーを買いに行った。
 が、マルチ対応の方がほんの少し安かったから、また1か月前と同じものを買ってきた。
11.さあて、今度は絶対認識するぞ、とクリーニングを始める準備。
 その前に、DVDを試してみるか。。
12.おめでとうございます。クリーニングする前にDVDが認識されました。
 (これは一体、どういうことなんでしょうか。)
13.ということで、昨日買ってきたマルチ対応のレンズクリーナーは使われることはなく、1週間前に買ったDVD用レンズクリーナーがやっと役にたったのでした。

14.マウスの動きが数日前から悪くなり、ローラの掃除を行った。
15.それでも動きが良くならないので、開けてみた。
16.今度は全然動かなくなった。
17.仕方ないので、これまでのボール式に代えて光学式のマウスを買ってきた。一番安いものを。
18.これまで使っていた白いテカテカマウスパッドの上では動きがおかしいので、マウスパッドも取り換えた。
19.次は何が悪くなるんだ?

20.(どこかで少し漏水している。水を使っていないのに、水道メータのパイロットマークが回っている。)
posted by maruyosi at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | PC・Net etc 07 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動かなかったものが動き出す

今年の夏はまた暑いそうですが、どうやって夏を越しましょうか。

実は、我が家のエアコンのリモコンは、一昨年壊れました。
新しい電池を入れてもリモコンに状態表示されることはなく、リモコンでのエアコンの制御ができなくなりました。
本体での電源スイッチON/OFFでしのぎました。

そして昨年、今度は本体の電源スイッチも効かなくなりました。
あの暑かった夏は、ただひたすら我慢して過ごしたのでした。

そして今年、また暑そうなので、新聞のチラシを見ながらエアコンの買い換えの検討を始めました。
よし、これでいこう。おっと、その前に、エアコンのコンセントの電圧を計ってみようか。
と思いながら、エアコン本体のスイッチを入れると、あら摩訶不思議、エアコンが動いたのです。
それではリモコンはどうかな、と、新しい電池を入れると、これまた不思議、リモコンも効いたのです。

何とも不思議なこと。
腕時計DVDドライブ、そしてエアコン。
動かなかったものがまた動き出す。なぜなんでしょうか。
(本当のことです。)
posted by maruyosi at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Daily Life 07 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月29日

Linux で suspend/hibernate

Windowsノート機では、LCD を閉じたりスリープボタンや電源ボタンを押すことにより、スタンバイや休止状態、シャットダウンなどが可能ですが、Linux でもそれは可能です。
以前はWebで紹介されている記事を参考に設定ファイルを書いたりしましたが、今はインストールするだけでそれなりに動作するようになりました。
一部のノート機やLinuxのディストリビューションによっては完璧に動作するのでしょうが、私のノート機の場合はそれなりの動作でしたので、ああでもない、こうでもないと、サスペンド(スタンバイ)/ハイバネーション(休止状態)やパッケージのインストール/アンインストール、設定変更などを何回も何回も(何日間か)繰り返していました。(次の日になると、忘れていますので)
おかげで少しはわかったような気がします。(実は、よくわかっていないのです)

(メモ)
posted by maruyosi at 11:51| Comment(1) | TrackBack(0) | Debian・Linux07 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。