2008年07月04日

7月4日… 今日は

nejibana7月4日に生まれて… 今日は私の誕生日、
じゃないですが、誕生花は「ネジバナ」(ラン科)だそうです。
花言葉は「思慕」。花言葉にまつわるエピソードは…
エピソードはありません。
と、これで終わったんじゃ申し訳ないので、我が家の雑草芝庭に咲く
ネジバナ」のドアップを載せておきます。
posted by maruyosi at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Daily Life 08 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月07日

庭の片隅では、、

我が家の芝庭をきれいに覆っていた「ネジバナ」でしたが、咲き終わった後は残念ながら雑草風となってしまいます。
まだまだ「ネジバナ」を楽しみたい気持ちもありましたが、雑草だらけの庭のまま放置しておくわけにはいきません。一応、芝庭ですから。
夕方、蚊に刺されながら、草取りを兼ねながら、ネジバナにお別れをしました。来年また、元気に庭を覆ってくれることを願って。
今、庭の片隅では、「グラジオラス」のオレンジ色が広がってきています。
posted by maruyosi at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Daily Life 08 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

チッカ・チッカ…なんだこりゃ

ガソリン代、高くなりましたね。車が必須な者にとっては大きな負担です。
「今日はそんなに暑くないからたまには窓を開けて新鮮な空気を吸って」と、通勤途中、一度は窓を大きく開けました。
が、新鮮な空気よりも他の車の排ガスが入ってきそうで、仕方なく、開けるのはほんの少しだけにしました。
それでもノイズは多くなり、普段のラジオの音量では聞こえません。音量を上げてると、、信号ストップの時はやけに音が大きいこと。
そのうちに、やはり徐々に暑くなり、「体調整えて会社往復するにはやはりエアコンが必要」と、スイッチをオン。
ところがどういうわけか、ランプが チッカ・チッカ・チッカ…。なんだこりゃ〜。
実は、押しやすい所にある、赤い三角の表示のある大きめのボタンを押していたのでした。
後ろの車はびっくりしたことでしょう。チッカ・チッカさせながら、スピードは落とさないのですから。
posted by maruyosi at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Daily Life 08 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月10日

車はすぐには停まれない

その停留所は、片側3車線、結構車の通行が多い所、「乗降のために停車するのは大変だな」と思いながら、私は路線バスを待っていました。
バスがやってきました。ヤヤ、中央寄りの車線を走ってるじゃありませんか。スピードを落とす気配もありません。
これじゃ乗せてもらえない、乗れなかったら間に合わない、と慌てました。
もうすぐ目の前を通過する、置いてかれる、…と思ったそのとき、バスの運転手と私の目が合い、なんと、見事に停まってくれたのです。中央寄りの車線上で。
ラッキー! 慌てて駆け出そうとしましたが、他の車もかなりの速度でやってきます。
せっかく停まってくれたのに乗れない、と思ったら、…思ってみるもんですね。他の車もちゃんと、スパッと停まってくれたじゃないですか。
バスに乗り込んでみると、揺れは全然ないしこれは快適だな、と。でも、なんかいつもと雰囲気が違うな、と。
 

なんだ
posted by maruyosi at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Daily Life 08 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月11日

「ピ〜ン」と「ポ〜〜ン」の間

普通に押して離すと「ピン ポ〜ン」、
押したまま数秒、その後に離すと「ピ〜ン  ポ〜〜ン」
どこもかしこも、ピンもポンも、iPhoneの記事。
あえてその記事を避けると、ASUS の Eee PC 901 の記事が目立ちます。いいですね、小さくて軽くて。
他に検討してみたいのは Acer Aspire one、MSI Wind Notebook U100、HP 2133 Mini-Note などなど。
どれがいいかな、なんて、スペックを比べてみるのは楽しくていいです。
私は買いません。まだまだ、次のモデルまで待ちましょう。
待つ=冷却期間を置く、「ピ〜ン」と「ポ〜〜ン」の間を長めにしてみましょう。誰か(何か)出てくるかもしれません。
posted by maruyosi at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | Daily Life 08 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

今宵は純白のキミと

tsukimisou1「この花は、紙風船をパァーンとつぶしたような感じに、クシャクシャッと咲くんだね」
初めて見たときの感想でした。ところが実は、そうではなかったのです。
日中はクシャッとした姿、しかし夜になると、…「ォオ何と、そういうことだったのか」と驚きでした。

ツキミソウといえば黄色い花の写真を多く見掛けますが、本来のツキミソウは、暗くなってから真っ白な花を開き、そしてピンクに色づきながら翌朝にはしぼんでしまうのです。
ですから私が目にしたものは、しぼみかけたツキミソウだったのです。

夜にしかお目にかかれない、翌朝にはさよなら。今宵は純白のキミと語り明かしたい。(「私も忘れないで」と月下美人が… 今年も咲きそうです。)
posted by maruyosi at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Photos 08 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

電池を交換して下さい

「やめとこう」と考えれば考えるほど欲しくなり、迷いに迷った末に、ついに買い求めてしまったデジカメ。(ちょっと表現がオーバですかね)
8年間使ってきた前機種と同様、我が家に咲く花を中心に試し撮りをしています。(この試し撮りは永遠に続くことでしょう。撮影術の上達は望めないですから。)
今のデジカメは設定項目がいろいろとありますね。ああでもない、こうでもない。あの機能はどうするんだったっけ。と、使用説明書を参照しまくりです。
付属する専用電池 DB-70 の撮影可能枚数は約270枚とありますが、実際、普段の使い方からすればそんなに長持ちするわけはありません。
デジカメをいじくり回していたため、庭に出て「いざ、撮影」というときに電池がなくなってしまいました。充電している間、待つしかありませんでした。
というように、やはり予備の電池は不可欠です。でも、純正品は高いですね。そこで、ROWA JAPAN(ロワジャパン)にて互換電池 DB-70-SA を買いました。
電池には Replace DB-70, DMW-BCE10 の表記があり、箱には CELLS MADE IN JAPAN とありました。使用セルは SANYO だそうです。
1780円と安いですが、今のところ問題なく使えてます。
ただ、どこかの記事で読んだのですが、純正品は電池がなくなると「電池を交換してください」と表示後、繰り出されていたレンズは格納されるが、互換電池はレンズが出たまま、…その通りでした。
posted by maruyosi at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | Daily Life 08 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月18日

エアコン汎用リモコン(続)

昨年の今頃もそうだったんですが、「エアコンの汎用リモコン」のページを訪れる方は多いです。
梅雨が明けずにジメジメとした毎日が続き、梅雨が明ければ明けたで暑いどころではなく熱い毎日となることでしょう。
そういうときにエアコンが欲しくなりますが、リモコンが壊れていたんじゃ不便でしょうがありません。
私の場合は汎用リモコン「OAR-10」(株式会社オーム電機製)で特に問題なく使うことができていますが、ダメだったと言う方もおられるようです。
その「OAR-10」ですが、私が買ったお店にはもう在庫はないようです。
でも、「OAR-10R」が Yahoo!ショッピング楽天市場 にありましたので、よろしかったらそちらへどうぞ。
posted by maruyosi at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Daily Life 08 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツキミソウの実

tsukimiso ツキミソウの実(種子)って、
 水がかかると開くんですね。
 試してみました。

(ここだけの話ですが…
posted by maruyosi at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Photos 08 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

わたしは小さな雑草です

zatsu080722czatsu080722aプランターに植えたメインの花の蔭でひっそりと咲く、小さな雑草です。
でも、私の R8 の被写体になってくれました。
通常のマクロでは、望遠時約25cm|広角時約1cmまで近づくことができますが、ズームマクロでは約1cmまで近づいてデジタルズームを使うことにより、もっと大きく撮ることができます。
ズームマクロで大きく撮ってみると、肉眼では気がつかない部分が見えたりして、ぎょっとすることもあります。
ところでこれは、何という名前なんでしょうか。(名前を知らなさ過ぎますネ。)

花の名前をすぐ忘れるためそのメモとして始めた「アルバム」ですが、このズームマクロをマイセッティング登録し撮り始めた写真をボチボチと載せつつあります。
大きく撮ろうとすると微風でもブレたり、また、三脚なし・手持ちのため少々のブレやピンぼけも見られますが、ご勘弁を。
posted by maruyosi at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Photos 08 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。