2005年12月29日

OpenOffice.org

OpenOffice.org 1.1.4 (Debian testing/etch)をインストールしました。
初めてインストールした 1.0.2 の頃はまだ Debian 公式パッケージにはなく、インストール/設定も面倒でした。
最初に英語版をインストール。その後の日本語版インストールのときに文字化けしないようにフォント置換等設定。(文字化けしていても、?????? が東風ゴシック、???? が東風明朝、なんて予想しながら設定したこともありました。)そして、
apt-get install openoffice.org-l10n-ja openoffice.org-l10n-en-
により、英語版アンインストールと同時に日本語版をインストール。
バグや互換上の制限もあり、まだ快適とは言えませんでした。

その頃から2年半。今ではインストール/設定も簡単、かなり快適に使えるようになりました。
最新版は 2.0.1 ですが、Debian のパッケージは 3.1/sarge が 1.1.3、testing/etch が 1.1.4、unstable/sid が 2.0.0 です。

Linux 版だけではなく Windows 版もあります。
日本語版 2.0.0 をダウンロードできますので、有料の Microsoft Office / Word, Excel, PowerPoint 等に代えて、無料の OpenOffice.org を試してみてはいかがでしょうか。(ただし、完全に互換、というわけではないのでご注意)
posted by maruyosi at 18:08| Comment(0) | TrackBack(1) | PC・Net etc 05 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月12日

カスタマイズ その後

カスタマイズはHTMLだけではなく、CSSも。
ということで、ちょっとやってみた。
オリジナルのバナー、背景画像を生かそうとしたが、なんか見にくくなってしまったな。
(左右ページの境界画像が目立ちすぎた)
でも、せっかくなので、しばらくこれでいこう。
posted by maruyosi at 10:27 | TrackBack(0) | PC・Net etc 05 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月09日

カスタマイズ

寝る時間も惜しんで?丸一日以上かけて、デザインHTML, CSSを眺めた。おかげで概略がわかった。
そこで、遅ればせながらカスタマイズ。
といっても、すでに皆さんが実施済みの、、
・indexページのみ適用となっていたcontentとlinksを全ページ適用に変更
・ただし、powered, syndicate, checkersはindexページのみ
・bannerは、Linuxユーザのみペンギンアイコンを追加表示
・文字は一部大きめに など

できるだけシンプルに、見やすく。
posted by maruyosi at 18:05 | TrackBack(0) | PC・Net etc 05 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月05日

閑古鳥掲示板、その後

11/28に書いた「閑古鳥の鳴く掲示板」その後です。
Apache2 Web サーバのログを見ると、GET yybbs.cgi から POST yyregi.cgi までわずか2〜3秒という記録が依然としてあります。しかし、以前のような怪しげ?な URI(http://〜)だけの書き込みは掲示板では見られません。つまり、CGI を修正した対策が効いている、ということになりますね。
掲示板を表示(yybbs.cgi)してから投稿(yyregi.cgi)までにはそれなりの時間がかかるはずですので、その時間差で制限をかけました。
制限時間内に入力、投稿できる達人の場合、エラーを返されることになります。(Web サーバとしては、POST yyregi.cgi は正常終了となります)
反対に、手入力で時間をかけて入力する場合は、その内容にかかわらず投稿できてしまいますが。。まあ、いいでしょう。
posted by maruyosi at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | PC・Net etc 05 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月28日

閑古鳥の鳴く掲示板

CGI のお勉強のために自宅サーバに開設した掲示板ですが、閑古鳥が鳴いています。
その掲示板に最近書き込みが数回ありました。
GET yybbs.cgi から POST yyregi.cgi まで、なんとわずか2〜3秒。書き込みの達人! 速いですね〜。
でも、内容は怪しげな URI だけ。
そういう書き込みは歓迎しませんので、CGI を若干修正しました。
果たして、結果はどうなるでしょうか。
posted by maruyosi at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | PC・Net etc 05 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月25日

CSS はおもしろい

<a href="http:// ..." accesskey="j">初心者の足跡</a>

と書けば、Alt+j(IE ならその後 Enter、Opera なら Shift+Esc の後 j、Mac なら Ctrl+j)で「初心者の足跡」のページへ飛びます。

CSS を次のように書けば

a[accesskey]:after {
font-size: 80%;
vertical-align: super;
content: "[" attr(accesskey) "]";
}

CSS "content" に対応しているブラウザ(Firefox, Opera, etc)では

初心者の足跡[j]

と表示されます。CSS はおもしろいです。

実際に飛んでみたい方は、Alt+j
 ↓
Debian初心者のA2Z
posted by maruyosi at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | PC・Net etc 05 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月19日

XHTML 1.1 and 1.0

ここ LOVELOG は XHTML1.0 Transitionalです。最近は、特にブログで、XHTML のページを見掛けます。
そこで、主に HTML4.01 Strict で作っている 私の maruyosi's Home でも XHTML1.1 のページを作ってみました。
いや、実は、100kBを超えた HTMLページを分割し、XHTMLに修正、EUC-JP を UTF-8 にしただけなんですけど。

W3C Markup Validation でチェックしました。URL指定でも、ファイルアップロードでもエラーは出ません。
しかし、Another HTML-lint gateway では、ファイルアップロードではエラーは出ませんが、URL指定では重要度1と5のエラー(少ない数字は軽く、9 になるほど致命的)が各1個出ます。
サーバの問題のようです。
・「HTTPレスポンスヘッダに指定されているメディアタイプ text/html は XHTML1.1 には指定しないようにしましょう(重要度1)」
・「HTTPレスポンスヘッダに charset 指定が含まれていません(重要度5)」

XHTML1.1 を維持したままエラーをなくす解決策としては、

1. Content-Type: xhtml+xml; charset=UTF-8 となるように、サーバの設定を変える。(自宅サーバならできそうですね。)

サーバの設定を変えることができないなら、

2. 次の記述を追加する。
<meta http-equiv="content-type" content="application/xhtml+xml; charset=UTF-8" />
ただし 1.1 の場合、本来は http-equiv を記述すべきではなく、サーバの設定によって HTTP レスポンスヘッダに含める方法が推奨されるようです。

また、application/xhtml+xml だと表示できないブラウザがあるようです。

XHTML1.1 を諦めて XHTML1.0 とし、

3. 次の記述を追加する。
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html;charset=UTF-8" />

で、いいのかな?

そもそも、XHTML1.1, UTF-8 のページを HTML4.01, EUC-JP のページと混在させることに問題があるのかもしれません。また、なぜ、厳しい XHTML1.1 にしなければならないのか、という必要性もあります。それ以前に、エラーがなければそれでいいのか、中身をもっと充実させなさい、ということを言われそうです。
まあ、何ごともお勉強ということで。
続きを読む
posted by maruyosi at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | PC・Net etc 05 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月29日

HDD の MTBF は

ハードウェアの信頼性の指標としてMTBF(平均故障間隔)がありますが、HDDはどの位なんでしょうか。
100万時間程度という記事を読んだことがありますが、その場合約114年となります。
MTBFが100万時間とすると、例えばPC50台を同時に常時稼働させ、その総稼働時間が100万時間になったときに1回の故障が発生する程度の信頼性となります。ということは、2万時間=2.3年毎に50台のうちの1台が故障する勘定です。
しかし、実際にはそんなに長くは使えません。HDDは、回転/停止や温度上昇など使用環境によって、寿命が短くなりますので。実際、職場の数十台のPC、ときどき!故障しています。

自宅のWebサーバとしてノート機2.5インチHDDを使っています。ノート機は常時稼働を前提としていないことでしょうし、また、3.5インチよりは信頼性が落ちることでしょう。気休めかもしれませんが一応、外付けのHDDとRAID1ミラーリングを組んではいます。(RAID1のお勉強です)
コマンドuptimeで稼働時間を確認した所、152 daysとなりました。まだまだですね。(と思っているときが危ない)
posted by maruyosi at 18:42| Comment(1) | TrackBack(0) | PC・Net etc 05 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

Google Maps おもしろい

Google Maps はおもしろいな。自分の住所を入力して、いざ、マップ検索。なんて、遊んでいましたが、そのマップをブログに貼り付けた方がいらっしゃいました。

 TEDDY-G本家: Google Mapsをブログに貼ってみる、ちょいアップグレード

真似をしてみたのがこれです。

もちろん、拡大/縮小、マップ/サテライトの切替えも出来ます。
posted by maruyosi at 18:09| Comment(0) | TrackBack(2) | PC・Net etc 05 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月19日

超薄型マウス

私はノートパソコンでもマウスを使っています。でもマウスというと、ノートパソコンと一緒に持ち歩くにはちょっと躊躇する形をしていますね。従来とは異なる平型マウスが現れました。

 超薄型マウス、膝の上や鏡の上でも確実に動作

バッグに収納しやすい厚さ15.5mmの薄型で、光学式マウスと機械式マウスのメリットを兼ね備えているため、透明なガラスや鏡の上はもちろん、膝の上など曲面上でも操作できるようです。マウスが一定時間動作しないときにLEDを消灯する省電力機能もあります。
マウスも持ち歩きたい方、試してみましょう。
posted by maruyosi at 17:56| Comment(2) | TrackBack(0) | PC・Net etc 05 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。